CSR経営者フォーラム、「グリーンな経団連」目指す

「地域循環共生圏」について語った森本英香・環境事務次官
「地域循環共生圏」について語った森本英香・環境事務次官

一般社団法人CSR経営者フォーラムは23日、都内で会合を開き、経営者など約60人が集まった。同フォーラムは、ビジネス・社会のサステナビリティ(持続可能性)をテーマにした雑誌「オルタナ」の企業読者組織を前身に、2014年に法人化したネットワーク組織。会合では環境省の森本英香事務次官が登壇し、「環境問題と社会課題を同時に解決する視点が求められる」と述べた。(オルタナ編集部=堀理雄)

「第5次環境基本計画とSDGs(持続可能な開発目標)」と題したトークセッションで、森摂・オルタナ編集長は「気候変動や砂漠化など地球的な課題に対し、日本でもSDGsが広がりを見せている。環境省が規制官庁としてだけでなく、仕組みを変えていく視点が注目されている」と述べた。

森本氏は「環境問題と社会課題を同時に解決する政策をデザインし、生活の質を良くする政治が求められている」と指摘。その上で、以下のように述べた。

「ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の広がりなど、企業も変わらざるをえなくなってきた。社会課題の解決や地球規模のリスクに配慮しなければ、新たな市場を獲得できないような状況が出始めてきている」

オフィスの古紙を宅配便で回収・再生する「PELP!」プロジェクトを進める山陽製紙、99%以上のリサイクル率を達成する総合リサイクルのナカダイ、「顔の見える電力」として自然エネルギー事業を行うみんな電力と、同フォーラム会員3社が取り組みを紹介した。

CSR経営者フォーラムの徳江倫明会長は「社会課題の解決を前提に、小さくてもキラリと光る企業群が集まったグリーンな経団連を目指したい」と述べた。